fc2ブログ

曽野話法 ー 砂上論法を斬る(9)

私は別、私の知り合いも別(2)

 もう一つ例をあげよう。ルポ・ライターの石田郁夫氏に対する批判である。サンデー毎日の創刊五十周年記念特集(1972.4.30号)で、石田郁夫氏は「渡嘉敷島住民集団自決の真相」と題する記事を書いた。この記事は、曽野氏と同じ情報、つまり、現地調査、赤松隊陣中日誌、赤松隊長への取材に基づいているが、結論が曽野綾子氏と正反対である。赤松氏のインタビューのくだりは次のようになっている。

赤松氏は雑詰『諸君!』に連載されている女流作家の赤松隊事件の「神話説」(『ある神話を背景』のこと:引用者注)をことごとく引用して弁明した。今年の一月には赤松隊士官の同窓会があり、その高名な作家も出席して歓をつくしたという。


 石田記事が出たのは、曽野氏が雑誌『諸君!』に『ある神話の背景』の連載を始めて半年くらいたった頃であった。曽野氏は連載の最終回(1972年9月号)で断固反撃に出た。

 まず「Ⅰ氏の肩書はルポ・ライターとなっているから、書かれたものはルポルタージュ、つまり報告と見なすべきであろう」と言う。次に言語学の大家サミュエル・ハヤカワを登場させ、S・I・ハヤカワの『思考と行動における言語』によれば、報告の文章は次の二つの規則に従う必要がある、という。第一に、それは実証可能でなければならず、第二にできるだけ推論と断定とを排除しなければならないと基本要件を提示する。その上で、しかるにI氏の記事は全くこの要件を満たしておらず、I氏の記事は原則を踏み外した暴論であると結論付ける。

 I氏とは石田郁夫氏のことであるが、「ある女流作家」とされたことのお返しである。この反論で、曽野氏は、石田氏の立ち位置を非常に限定している事が分かる。これで攻撃が容易になり、石田氏を斬り捨てることが出来た。

 しかし、肩書きがルポ・ライターだといっても、狭い意味の報告ばかり書いている訳ではあるまい。また、報告がどうあるべきかに関して、ハヤカワ氏の見解で統一されているわけでもなかろう。結局、曽野氏の前提が妥当であるのは、曽野氏が概念規定に厳格な場合に限られるだろう。

 では、曽野氏はノンフィクション作家の肩書きに見合うものを書いているのだろうか。第3次教科書裁判でのやり取りを紹介しよう。曽野氏は証人尋問のはじめの方で『ある神話の背景』がノンフィクションだと証言している。

弁護人:証人の主観的ないろいろ想念に浮かばれたものも割と多く出ているように思うんですけれどもそれもやはりノンフィクションということになるのでしょうか

曽野:そうでございます

弁護人:そういうものが混ざっておっても構わんですね。

曽野:はい、書名がございますから。


 曽野氏は、書名さえ適当なら、主観的な想念をノンフィクションに入れてもよいといっている。これは「ノンフィクションはそうしたものを極力排除する」という一般の認識とはかなり異なる。この一般認識を前提にすれば「曽野氏の『ある神話の背景』はノンフィクションとは似て非なるものである」と、石田氏への批判をそっくりそのまま曽野氏にお返しすることが出来る。

 そもそも『ある神話の背景』という題で、主観的な想念を多数含むことが了解されると言う曽野氏の説明は理解困難である。この書は後に『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった! 』と改題されて復刻された。こうなると、そうした読み取りは正常な日本語感覚ではまず無理だろう。『~の真実』という題の本はすべてジョークと思えというのなら話は分かるが。

 『ある神話の背景』には、「主観的な想念」どころか、かなりの嘘が入っている(拙著「検証『ある神話の背景』参照)。また、ひめゆり学徒隊を扱ったノンフィクション『生贄の島』でも、被取材者から「事実でないことが書いてある」「口述したことと違う」といった批判が出ており、「強いて小説という名を冠して呼びたい」と南風原陸軍病院で軍医をしていた長田紀春氏は書いている(『福木の白花』)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

現地調査は石田氏が先鞭

赤松元隊長と曽野綾子は、石田郁夫氏の渡嘉敷ルポ(1967年)を読んで、隊長の号令的「自決命令」はなかったという事が、地元でも言われているとの確信を得て、『週刊新潮』で、1968年から沖縄攻撃に乗り出したと思います。
http://keybow.co/dansou/dansou4.html

先行者

キー坊さん、コメント有難うございます。

ご指摘のように、石田郁夫氏の渡嘉敷ルポ(1967年)があることから、同氏の現地調査が曽野氏に2,3年先行していたことは明記すべきでしたね。

「ある神話の背景」の売りは最初の現地調査ですから、その先行者がいることは曽野氏にとって鬱陶しいでしょう。サンデー毎日で石田氏がちょっと噛み付いただけなのに、逆上したように見えます。

曽野氏にとっての幸いは、石田氏が1993年、早くに物故したことでした。当時を知る人間がだんだん減るにつれ、曽野氏の振る舞いが大胆になりました。赤松隊員を個別に取材したなどという司法制度改革審議会(2000.10.16)での大嘘は、石田氏が健在ならばつけなかったはずです。また、大江・岩波裁判を嗾けることもなかったしょう。

1967年

1967年私は、田舎高校の読谷高校の3年でしたが、その年の夏ごろに、石田郁夫氏が我が高校に取材に来た事を知りませんでしたね。その取材後に、石田氏は渡嘉敷に渡ったのです。
それを『展望』という雑誌に、慶良間現地取材の初レポートをしたのです。曽野はそれをパクッた、と言ってもいいでしょう。この時点では、石田氏は赤松元隊長に好意的だったかも知れません。

石田氏といい、本田靖春氏といい、もっと長く生きてこの日本を見つめてくれれば良かったのにと思います。

作家先生登場間近?

こんにちは。
先週土曜に、田園調布の曾野先生宛に、このブログ名とURLを紹介する手紙を出しました。
マスコミでは言いたい事が全て言えなかったでしょうから、ブログで思う存分発言しましょうと励ましました。
秘書の方でも結構ですと付け加えました。
山崎先生、キー坊さんのブログも紹介しておきました。
今頃、使い慣れたパソコンで見ておられることでしょう。
先生、何故ご登場いただけないのでしょうか?
みんな待ってますよ。
新しい小説まだですかw

Re: 作家先生登場間近?

阪神さん

曽野氏への取り次ぎ有り難うございました。
これで、コソコソ悪口を言っているといわれなくて済みます。一層力を入れて書いて行きたいと思います。

曽野先生には、異論・反論・オブジェクションを是非お寄せ下さいますようお願いいたします。コメント欄では不足というのであればブログ欄を提供致します。
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

さんげつ

Author:さんげつ
技術系の某役所を退職後、あり余る時間を使い、妄説探索の旅へ。理系老人の怪刀乱魔。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク