fc2ブログ

沖縄戦にスパイはいたのか?


 「スパイ」は便利な言葉である。ほとんどあらゆる不具合はそれで説明出来てしまうからである。この誘惑を断ち切る事がいかに難しいか、一例を挙げよう。苦戦が続くニューギニア戦線のテコ入れを図るべく、1944年4月から竹輸送と呼ばれる一連の輸送作戦が行われる事になった。その初回、これまで使ったことのない航路だったにも関わらず潜水艦の待ち伏せ攻撃に遭い、大損害を蒙った。衝撃を受けた軍は中継地だったマニラへ海軍参謀を派遣、原因調査を行った。しかし、真っ先に疑うべき暗号解読を考慮の外に置き、港湾労働者に潜入したスパイによる通報を原因と結論づけた。冷静な情報分析が可能な時期でもこの有様だから、住民を大規模に巻き込んだ沖縄戦は推して知るべしである。

 スパイ事件の確たる証拠がなかったことに関しては、日本軍の最高幹部の証言がある。第32軍の沖縄作戦を仕切った八原博通高級参謀は

スパイ事件はときどきあった。二世が潜水艦や落下傘で、沖縄島に上陸して活動しているとか、軍の電話線を切断する奴とか、どこそこの女スパイのように、火光信号をもって敵と相通じるとか。しかしこれまで真犯人はついぞ捕えられたことはなかった。

と言っている。また、長勇参謀長の個人秘書で、いわば裏作戦を知る立場にあった島田アキラは

奇妙なことに、日本兵は、米軍により沖縄人がスパイや日本軍前線後方で諜報員として利用されていると信じていた。スパイの容疑をかけられたものたちは、素人の尋問官、それには自分(注 島田)も含めてだが軍司令部に逮捕されたり尋問を受けたりした。しかし、それを立証できるものは何一つなかった。

と述べている。

 米国側の機密解除資料もこれと整合的である。保坂廣志氏の調査により次のことが判明した(『日本軍の暗号作戦』と『沖縄戦下の日米インテリジェンス』)。米軍では、1944年11月頃、沖縄上陸作戦と呼応してハワイなどで捕虜となっている民間人を沖縄に上陸させる計画があったが、信頼できる人員の調達が困難なことや、仮に日本軍にスパイとして捕まれば銃殺になる等の理由から取りやめとなった。航空偵察のほか、日本軍暗号の解読、日本兵捕虜などの代替手段があるため、あえてリスクのある民間人スパイの活用は見送ったものと見られる。

 スパイ冤罪事件が多発した背景には、まず、言葉の問題があった。第32軍司令部の開設とほぼ同時に沖縄語使用者はスパイとみなし処分するとの厳命が下された。緊急時には住民同士は沖縄語を使用しただろうから、それだけでスパイ判定されてしまうことになる。かくて、沖縄南部で民間人・兵士が混在・混住した 1945 年 5 月末からは、風声鶴唳よろしく、沖縄人スパイ説が戦場で猛威を振るうことになった。また、苛烈な戦闘下で精神に異常を来たした人が多数発生し、スパイ扱いされた。精神トラブルがあればスパイはそもそも勤まらないと考えるのが常識であるが、常識が狂気に置き換わるのが戦争のおぞましい現実で、私刑同然に惨殺されている(保坂廣志著『沖縄戦のトラウマ』)。

 戦闘による混乱がなければスパイ事件は生じなかったとはいえない。渡嘉敷島では、沖縄本島とは違い米軍が上陸してきた3月末など一部の期間をのぞけば平穏であった。それでも3月28日の集団自決事件以外にも13人の住民が処刑されている。多くは6月25日から10日間に発生している。6月25日には本島の第32軍の消滅を伝える大本営発表があり、30日には指揮下の朝鮮人軍夫が大量脱走してしていることから、これらに伴うパニックと見られる。隊長の資質によるかもしれないが、容易くパニックを起こしたことは記憶されてよい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

スパイはいなかった

こんにちは。
高級参謀がいないと言っているのだか「スパイはいなかった」が正解です。
これは断言出来ます。
スパイ情報は必ず最高幹部が把握すべきものですから、最高幹部がいないと断言しているのだから、いなかったのです。
ところが、住民証言や兵士の戦記では、スパイにされるのは、戦闘でろくすっぽ寝ていないから幻覚症状を起こした少年兵、標準語を喋れない年寄り、ホームレス、若い女性、知的障害者、米軍に投降した(する)住民だったりと、絶対にスパイではない人達です。
ところが現代の沖縄には米軍のケツを舐めて生きているスパイがいます。
それは星、恵、奥という特殊奄美人ですwww

星雅彦の素性は?

>阪神さん。
>それは星、恵、奥という特殊奄美人ですwww

恵、奥については、明らかに特殊奄美人ですが、星雅彦については、私の場合、それが確認できてません。「星」という姓は、沖縄では稀ですが、「改姓」などによって、沖縄人でもあり得ない事に思えます。

「浦添文藝」を注文した5-6年前、事務職員に訊いたとき、「星さんは元々の沖縄出身だと聞いています」が、その年配の女性事務員と思しき人のの答えでした。

私は星氏とは一度だけ、電話で質問をした事ありますが、アクセントなどを聞いてると、私と一時代前のウチナーンチュの感じがしました。
それだけに許しがたいと言っていいのかもしれないですが。

日本軍のスパイ

初めまして。
私も沖縄の人はスパイなどしていないと思います。

話は変わって、ある本に、日本軍の上官に米軍のスパイがいた、という記述を見つけました。
『沖縄戦体験記第19号 兄さん死なないで』(宮城恒彦)という自費出版の本です。
場所は座間味村。食糧の保管場所を集落内で転々と替えたにも関わらず、ほとんどが空襲で消失したそうです。
《後で聞いてわかったことだが、日本軍の上官にスパイがいて、軍の情報は漏れていたのです。そのため特攻艇の隠し壕も米軍にはすでに知られており、集中攻撃を受けたのです。》とあります。(11~12ページ)

しかし誰からその話を聞いたのかを書いておらず、具体的な根拠になるような記述も全くありません。
本当に日本軍の上官のスパイはいたのでしょうか。
それとも単なるデマだったのでしょうか。
この話は私の中でずっと疑問でした。

さんげつさんはどのように思われますでしょうか。
宜しければご教授頂けないでしょうか。

Re: 日本軍のスパイ

野間様
コメントありがとうございます。
少し長くなるので、「沖縄戦にスパイはいたのか? (2)」
を書きました。そちらをご覧ください。
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
プロフィール

さんげつ

Author:さんげつ
技術系の某役所を退職後、あり余る時間を使い、妄説探索の旅へ。理系老人の怪刀乱魔。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク